トップページ
商品紹介
安心・安全
産地訪問スナップ
レシピ
ショッピング
会社案内
職場風土改革促進事業
リクルート情報
先輩から一言
社内イベント
メディア出演情報
お問い合わせ
お問い合わせ
English[英語]

干し芋の通販ショップ「ほしいも通販.com」
東京フードShop 楽天市場店
>>干し芋のご購入はこちらから

干し芋の通販ショップ「ほしいも通販.com」
ほし芋の通販ショップ
「ほしいも通販.com」


『姪の教えてくれたもの』

『姪の教えてくれたもの』 この冬、久々の連休で栃木の実家に帰省した。
カメラが趣味の私は、今度の写真コンクールに応募するため、故郷の風景を撮りたいと思ったのだ。
小学生の姪っ子は、いつも私の写真を楽しみに待っていてくれる。
帰った日の夜、畳いっぱいに写真を並べていた姪っ子が、ふと「お姉ちゃんの写真って、おばあちゃんやおじいちゃんが写ってるのが多いね」と言った。

翌日は家族総出で干し芋づくり。
干し芋の作業は、蒸すのも干すのも、すべてが手作業。
姪っ子も、慣れない手付きだが楽しそうに手伝っている。
その様子を写真に撮りたくなり、カメラに手を伸ばしシャッターチャンスをうかがった。
その時、一瞬身震いがして、シャッターを切る手が止まってしまった。

ここからはWEB限定小説!

ほんの一瞬だけ、姪が小さい頃の自分と重なって見えたのだ。
姪は蒸し上がったさつまいものカゴを一生懸命運んでいる。
汗だくになって運び終わった姪の頭を、祖母がポンポンとなでている・・・

子どもの頃と全く同じ光景じゃないか。

私は驚いて、カメラを構えたまま動けなくなっていた。しばらくの間、ファインダーを通して姪の姿を追いながら昔のことを次々と思い出していた。

さつまいも掘りの時期は、兄と一緒に学校から駆け足で家に帰って手伝いしてたっけ。
家族全員で、誰が一番大きいのを掘れるか競争したなぁ。
そして、採れたさつまいもで祖母がつくってくれた干し芋が、甘くて大好きだった。
この時期は毎日、干し芋がおやつ。どちらが多く食べたか、兄とケンカになったりすることも・・・。
でも、すんなり仲直りできていた。
祖母が手塩にかけてつくった干し芋・・・これがどこかほっとするようなやさしい味を感じたからなのかな。

大好きなのは、干し芋だけではなかったのかもしれない。
祖母が小さい体で、田畑の中で懸命に働いている姿。
祖母が、優しくも真剣な顔つきで丹精込めて干し芋をつくっている姿。
小さい頃からそんな祖母を見てきた。
私の撮る写真、祖母と同じくらいの年代の人たちが多く写っているのはそのせいかも。
祖母の日に焼けた横顔に、優しくて真剣な眼差し。
昔よりしわは増えたけど、干し芋への愛情が込められてぬくもりが感じられる祖母の手が、20年の時を過ぎても、レンズ越しで美しく写っている。


※この物語はフィクションです。
ショッピング干し芋のご購入はこちら(東京フードShop 楽天市場店)


>>WEB小説 『マイ・スイートホームタウン』
>>WEB小説 『太陽に恵まれた村〜潮風便り〜』
>>WEB小説 『おばあちゃんのぬくもり ストーブの焼き芋』
>>WEB小説 『結婚しよう』
>>WEB小説 『生まれてくれてありがとう』
>>干し芋
トップページ商品紹介ショッピングレシピ求人情報メディア出演会社概要お問い合わせEnglish
株式会社東京フード
〒327-0004 栃木県佐野市赤坂町940-3
TEL 0283-23-6743  MAIL info@tokyo-food.co.jp
URL https://www.tokyo-food.co.jp
Copyright© 2001 TOKYO FOOD CO.,LTD. All rights reserved.